ラクビで腸内フローラ改善!でも、腸内フローラって何?

腸内フローラとは?

ラクビは腸内フローラの環境を整え、ダイエットへと導きますが、そもそも腸内フローラとは何なのかご存知でしょうか?

腸内フローラとは?
私たちの腸内には、多くの最近がすみついており、腸内にすんでいる最近は腸内細菌といいます。その個数は約100兆個とまで言われており、種類は100種類以上います。
特に小腸の終わりから大腸にかけては、これら多種多様な腸内細菌が種類ごとに固まっており、腸内に壁面を作って住んでいる状態です。

上記のように腸内で固まっている様子は、まるで植物がそれぞれ集団をつくり群れているお花畑の様子にも例えられ、「腸内フローラ」と呼ばれています。(フローラ=お花畑)

「腸内フローラ」は人それぞれ顔や性格が違うように、腸内に生息している菌の種類は、人によって全く違います。また、「腸内フローラ」は環境(ストレス・年齢。生活習慣)などによって変化します。

腸内フローラの分類

「腸内フローラ」は、特徴によって大きく分けて3つに分類されます。

①善玉菌
ヒトの体に有用な働きをする菌で、悪玉菌の侵入や増殖を防ぎ、腸の運動を促します。
↑字の通り、腸にとって良い菌、

②悪玉菌
人体に有害な作用をもたらす腸内細菌です。
↑字の通り、腸にとって悪い菌

③日和見菌
善玉菌でも悪玉菌にも当てはまらない、その時の優勢な方に味方にして作用する菌
↑気まぐれな菌。

上記の所でお花畑みたいなものと言いましたが、その通りであり、菌にとってとても住みやすい環境です。そのため、腸内では常に「善玉菌」と「悪玉菌」が激しい競争をしています。そして、腸内での菌が住める所は広がることもなくまた狭ばることがない為、一方の菌が増えればその分もう片方の菌は減少します。10住めるうちの6は日和見菌がいたとして、善玉菌が2、悪玉菌が2だとした場合、なんらかの変化により、日和見菌が6(※この菌は優勢なほうにつく)、善玉菌が1、悪玉菌が3となるということです。

もちろん悪玉菌が増えれば体調になんらかの悪い影響が出て、その逆に善玉菌が増えれば健康な状態を保てるということになります。

そんな悪玉菌を減らし、善玉菌を増やすのが『LAKUBI(ラクビ)』です。

『LAKUBI(ラクビ)』の詳しい詳細はこちらから

LAKUBI(ラグビー)の関連記事

・LAKUBI(ラクビ) ダイエットサプリメント!効果&口コミ
・ラクビってなんで効果がでるの?特徴は?

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>