日焼けが起こる理由とは?3秒でできる日焼け対策

これから夏本番がやってきますが、みなさんはどんな紫外線対策をしているでしょうか。日傘を指したりアームカバーをしたり、クリームやスプレーを塗ったりと対策を行っている方が多いのではないでしょうか?


でも正直面倒くさいですよね。外に出かける旅に色々準備しなければいけませんからね。だからといって何もしないわけにはいかない・・・。

「焼けるのが嫌だ」「将来シミやシワが多いのは嫌だ」という理由で日焼け対策をしてる方がほとんどだと思いますが、そもそもどうして日焼けが起きるか知ってますか?

日焼けが起こる原因とは?


知っている方は多いと思いますが、日焼けが起きる原因は「紫外線」が原因です。

紫外線にも種類があり、その中でも日焼けに関わっているのが「UV-A」と「UV-B」です!
・「UV-A」は、簡単にいうとシミ、しわ、たるみの原因となります。
・「UV-B」は、日焼けの主な原因で、肌が赤くなるのもこの紫外線が原因です。

まあこの2つの紫外線が原因で、皮膚が赤くなったり、年をとった時にしみ、シワの原因となるわけです!でも、紫外線って全く悪いわけではないってことを知っていますか?

紫外線には良い効果がある?


日焼けが起こる原因の紫外線ですが、シミ、しわの原因で良いイメージはありませんよね。ですが、紫外線は全面的に悪いものではないのです!

紫外線は、ビタミンDの効果を発揮させる唯一の方法なのです。ビタミンDは紫外線を浴びる事によって体内で作られる唯一のビタミンです。別名太陽のビタミンとも言われています♪

ビタミンDは
・骨や歯を丈夫にする効果
・糖尿病を予防する効果
・免疫力を高める効果
・インフルエンザ予防の効果
があります!

日焼け止めクリームだとビタミンDを阻害?


紫外線とビタミンDが深く結びついてるのは分ったけど、シミ、しわにはなりたくないから結局はクリームとか塗って対策しなきゃでしょ?と思った方もいると思います。

ですが、日焼け止めクリームだとビタミンDの効果が発揮されなくなってしまうのです。イメージとしては、紫外線が吸収されずに跳ね返されるイメージですね。「紫外線には良い効果がある?」の所でも述べましたが、ビタミンDは紫外線がないと効果が発揮されない成分です。

それならビタミンDなんかとらなくてもいい!と思いますよね。ですが、ビタミンD不足になると、カルシウムの吸収が悪くってしまい、骨自体や筋肉が弱くなっていきます。それにより、骨折につながってしまいます。その他にも糖尿病や高血圧といった多くの病気を予防することができるのです。

良い紫外線対策方法はないの?


クリームはだめ、日傘やアームカバーにも限界がある、なら何か良い方法はないの?と思う方にオススメの対策方法が「飲む日焼け止め対策」です♪実は海外ではもうすでに飲む日焼け止め対策が話題となっており、「塗る」から「飲む」時代へと変わってきています。

どうして飲む日焼け止めがオススメなのかというと、紫外線を内側からコントロールし炎症を抑えることができるからです。またそれによりビタミンDの生成が邪魔が入ることなく行われます。

紫外線をコントロールし、ビタミンDの生成も邪魔しない。それが新しい日焼け止め対策「飲む日焼け止め対策」です!

『POLC』
通常価格9,800円の所、特別価格6,980円(送料無料)

その中でもオススメなのが『POLC』です♪容器を開けてカプセルを取り出して水と一緒に飲むだけなので、3秒で日焼け対策ができます!詳細を知りたい方は下記の詳細をご覧下さい♪

>>POLC(ポルク)の詳細はこちらから

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>