デリーモってデリケートゾーンの脱毛にも効果はある?

20160310

もう、エステ・クリニックは必要ない!?
デリーモで脱エステ・クリニックした人が跡を絶たないようです。

デリーモはスプレータイプなので、簡単、かつスピーディに「除毛」をしてくれる商品となっています。
もちろん肌をキズつける心配はありません。

そんな人気のデリーモですが、デリケートゾーンに使用することは出来るのでしょうか?
敏感な場所だけにかぶれる心配がないか不安になりますよね。

デリケートゾーンにはどのように使ったらいいのか、また綺麗に脱毛することはできるのか?
今日はデリーモを使ってデリケートゾーンに使用する場合に感じる疑問についてまとめてみました(#^.^#)

>>「デリーモ」の詳細が知りたい人はこちら

デリケートゾーンにも使える?かぶれる心配は?

『デリーモ』は全身に使えるスプレータイプの除毛スプレーです♪
ムダ毛を処理したい部分はお肌がデリケートな部分が多いですよね。
お肌がデリケートな部分に刺激の強い除毛剤を使うのはちょっとコワイ…そんな風に思う方もいるはず。
でも、『デリーモ』はそんな方にも安心して使えるように、低刺激で肌に優しい安心の除毛スプレーになっています。

p051

その理由はこだわりの4つの成分にあります。
「チオグリコール酸カルシウム」「加水分解コラーゲン」「カモミラエキス」「アロエエキス」
この4つの成分はスキンケアに使う化粧品にも含まれるほど安全な成分で、脱毛しながらでも美肌を作りあげてくれるので、かぶれなどのトラブルは一切引き起こしません。

ダブル処方して配合していますので、効率よく除毛し、そしてお肌にも優しい成分となっています。
4つの成分のちからが美肌に導きながらムダ毛の根本に直接アタックしてくれるわけです。
スプレーして5分で拭き取るだけなので、かぶれたり痛みを感じたりすることもありません(#^.^#)

デリケートゾーンに使った人の口コミ

実際にデリケートゾーンに使用した人の声はどうなんでしょうか?
こちらがみなさんの声です!

I・Y/20代前半
満足度: 
ムダ毛処理のために、SNSで見かけたデリーモを試してみることに。最初はスプレーするだけでほんとに除毛できるのかな~?って半信半疑でした。とりあえず腕毛から除毛してみたんですが、3分ぐらいおくともうかなり除毛できてびっくり!細い毛だとすごく早く除毛できるので、めちゃくちゃ便利ですね(*^▽^*)デリケートゾーンに使用してもかぶれることはありませんでした!
O・M/30代前半
満足度: 
サロン通いが面倒だったので自分で除毛できないかな~と思って、デリーモを選びました。スプレー式の除毛剤ってすごく珍しいですよね。若干ちゃんと除毛できるのかな?って疑問はありましたが、使ってみてビックリ!お肌に優しくてニオイも全然キツくないのに、ちゃんと除毛できて、感激です(^O^)/スプレーなので、手が汚れないのもいいし、塗る手間も省けます。剛毛なアソコの毛でも綺麗になくなったときには感動しました!笑
D・F/20代前半
満足度: 
使いやすくてすごく気に入ってます。すね毛や腕毛ならすぐに除毛できるので、出かける前でも使えてとても便利!肌が敏感肌タイプなので、ワキやVラインに使うのは最初抵抗がありました。でも使ってみると刺激も感じないし、ニオイもキツくないのですごくいい感じ!いままではシェーバーで剃ってたんですが、今はデリーモのおかげでお肌も傷つけなくてキレイに除毛できています。毛がなくなると匂いまで気にならなくなりました。

やはり手軽にスプレーできることに魅了を感じてる方は多いみたいですね。
かぶれるという声も調べた感じでは見つかりませんでした。
デリケートゾーンも綺麗に脱毛できるみたいで、臭もなくなったというのには驚きですね。

毛がなくなることで、ムレなくなるので、雑菌が繁殖しなくなるんじゃないのかな?と思います。

他にも口コミが知りたい人は「良い口コミだけじゃない!?デリーモ効果と実際の声」こちらのページを参考にしてください。

デリケートゾーンのVIOに効果はある?

『デリーモ』はお肌に優しい成分でできていますので、気になるデリケートゾーンやVIOの毛の処理にももちろん使うことができます。
VIOの処理は今女性たちの間で非常に話題になっていますので、気になる部分ですよね^^;

お肌のことを考えると「除毛剤よりシェイバーや毛抜きで抜いたほうがいいのでは?」と考える方は多いかと思います。
しかし、実は毛の流れに逆らって毛を剃ったり、毛抜きで無理やり抜いたりすると、皮膚表面にこまかい傷がつき、角質が厚くなってしまいます。
肌が固くなり、毛が出られなくなり、縮れ毛の原因になったりするので要注意です!

p051

そんなデリケートな部分のお肌を傷つけずに簡単に除毛できるのが、脱毛スプレーです!
肌の表面や毛穴を傷つけずに脱毛することができるので、デリケートな部分にこそお肌に優しい脱毛スプレーが効果的だと言えます。

また美容成分もたっぷり入っているので、脱毛しながらお肌のケアもできちゃうのは魅力的と言えますね。

デリケートゾーン(VIO)に使う場合、どのように脱毛したらいい?

初めてでVIOの処理がわからない!
そんな方のために、Vライン、Iライン、Oラインの除毛の仕方について詳しく調べてみましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね♪

p051

Vの場合

Vゾーンはいわゆるビキニライン付近のゾーンのことで、上とサイドライン、そしてセンターを含めこの3箇所をVゾーンといいます。
一番見えやすい部位なだけに、このVゾーンのムダ毛処理をしたいと考える方は多いはず。
『デリーモ』はデリケートゾーンにも安心して使える除毛スプレーです。
除毛したい部分にさっと一吹きして5分置いて洗い流してください。
デリケートゾーンの除毛ですので、できればすぐに洗い流せるお風呂場などで処理をすることをおすすめします♪

Iの場合

Iラインはいわゆる股の間のラインのことです。
特にインナーからはみ出てしまっているムダ毛は気になりますよね^^;
Vゾーンと同じく、ラインに沿って軽めにシュッシュとスプレーして5分置いてください。
太い毛ですと、5分ほど置くと除毛しやすいです。
デリケートな部分ですので長時間おいたりせずに、きっちり時間が来たら洗い流してください。
また、大事なところは手で覆い隠しながらやるとスムーズに行えます。
もし、肌に異常を感じた場合はすぐに使用を中止してすぐに洗い流すようにしてください。

Oの場合

Oラインはいわゆる肛門周りのラインのことです。
この部分は自分ではなかなか見るのが難しいので、慎重に除毛してくださいね。
オススメなのは鏡を見て除毛する方法です。
肛門付近には除毛液がつかないようにスプレーして5分放置したあと、やさしく毛を取り除いてすぐにシャワーで洗い流してください。
デリケートな部分ですので、肌に異常を感じたらすぐにしようを中止して洗い流してください。

自己処理のメリット・デメリットや正しい使い方が知りたい方は、「自己処理って何が正解?デリーモの正しい使い方は?」こちらの記事を参考にしてください。

デリケートゾーンに上手に使うテクニック!

全部処理しちゃう方なら関係ありませんが、デリケートゾーンの毛はいらないところだけ脱毛して、大事なところは残したいって人もいますよね?
でも脱毛スプレーだと、広範囲でうまく形が決められない!
こんな方も中にはいるかと思います。

その場合はどのように対処したらいいのか・・・

答えは簡単!

p051

形を決めて脱毛したい場合は、極力近づけてスプレーをしてください!
これで狭い範囲の脱毛も楽々行えます。

反対に広範囲に脱毛したい場合は、少し話して脱毛するとスムーズに脱毛することができますよ^^

まとめ

デリケートゾーン、特にVIOの除毛はなかなかサロンでも勇気がいるものですよね。
プロとはいえ恥ずかしい部分を晒して除毛してもらうのは抵抗がある人も多いです。

そんな時、自宅で一人でさっと処理したい…そんな方のための除毛アイテムがこの『デリーモ』です。
VIOの無駄毛処理はなかなか難しいところもありますが、何度かトライしているうちに慣れてきた!との口コミも寄せられていますので、ぜひ挑戦してみてください♪

ここで注意すべきなのは、お肌に異常を感じたときはすぐに使用を中止することです。
大切なあなたのお肌を傷つけてまでの除毛はマイナスな部分しかありません(^o^;
無理せず慎重に使用してくださいね!

>>「デリーモ」の公式サイトはこちら

 

関連記事

●注文したのにデリーモが届かない!これって詐欺?その場合の対処法は?
●デリーモの悪い口コミは?効果は嘘?最安値で購入できるのは○○!
●脱毛スプレー「デリーモ」と「カミソリ」自己処理をするならどっちが良い?
●デリーモの正しい使い方は?使用頻度はどれくらい開けるべき?
●デリーモで脱毛ができるのはなぜ?危険な成分はないの?
●デリーモは通販でしか購入できない?楽天やamazonでの取り扱いは?
●実際にデリーモ購入した人の口コミをまとめてご紹介!!
●脱毛スプレーと脱毛エステ徹底比較!おすすめなのはどっち?

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>