ステキにプラス

光脱毛で毛穴がなくなるって本当?脱毛に隠された驚きの効果とは

   

私がエステティシャンとして施術によく入っていた頃、脱毛サロンに通っている方に、どうして脱毛をしようかと思ったのかと理由をお聞きしたとき、大半のお声がムダ毛をどうにかしたくて脱毛を始めたということでした。そのなかで、脱毛途中や完了したときに「何だか肌が綺麗になってきている気がする!?」「毛穴が小さくなっている感じがする」というお声をお聞きしました。

実際、脱毛をすることによって毛穴がなくなるということはありえるのかどうか、知りたい方も多いと思います。今回は脱毛と毛穴の関係性についてお伝えしたいと思います。

脱毛すると毛穴が消えるって本当?

 
そもそも光脱毛とはどういう仕組みなのかと疑問に思われる方もいるでしょう。光脱毛とは、複数の波長を含んだ光を広範囲に照射することにより、毛の黒色(メラニン色素)に反応しムダ毛の毛母細胞にダメージを与え、減毛・脱毛していく方法です。痛みも少なく、肌にも優しく低料金なことから利用者が拡大しています。

そんな光脱毛ですが、毛母細胞にダメージを与えるだけでなく、お肌の奥まで光が届き、お肌の新陳代謝を活発にしてくれるのです。「IPL(インテンスパルスライト)」という特殊な光がその効果を引き出してくれるのです。お肌の新陳代謝が活発になることで、どう良いのかとピンと来ない方もいると思うので、別の言葉でいうと「お肌のターンオーバーを活性化してくれる」ということなのです。
 

 
お肌のターンオーバーが活性化するとどういうメリットがあるのかと言いますと、正しい周期で古い肌(角質)が生まれ変わることにより、肌の水分量が正常になったりシミが薄くなったり、くすみがなくなったりとします。乾燥肌の女性や美白を目指している方には嬉しいですよね。ここまでの話だと、毛穴には実際効果がないのかなと思う方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。光脱毛では、照射することにより肌へのメリットがもう1つあるのです。

それはターンオーバーを活性させるためのコラーゲンの生成やエラスチンの生成を助ける効果があるのです。コラーゲンやエラスチンといえば、弾力がうまれハリがでるということが想像出来ると思います。お肌の内側からふっくらとした肌をつくっていくことにより、開いていた毛穴が目立ちにくくなるのです。個人差はありますが、人によっては消えたと感じるくらいの効果がでる方もいらっしゃいます。

脱毛は鼻の毛穴にも有効!?

 
身体の数多くある毛穴のなかでも、特に鼻の毛穴が気になるという方のお声をよく耳にします。ご存知の方もいると思いますが、鼻は顔のなかでもTゾーンといわれる部分にあたり皮脂分泌の多い箇所と言われています。その為、皮脂分泌による毛穴の開きやまたその毛穴に詰まった皮脂を無理矢理とったりし、その後お手入れせず毛穴が開いた状態のままという人も多いです。

そんな鼻の毛穴にも脱毛をしたら効果があるかと言いますと、他の箇所の皮膚同様の効果があります。但し、脱毛サロンによっては照射する機械の当てるところが小さいサイズのが無い場合もあり、大きいサイズのままだと光漏れする恐れが高いので、脱毛サロンのスタッフに一度確認することをお勧めします。

しかし、毛穴のなかにしっかりとした汚れが溜まっている状態だと、小さくしたい毛穴も小さくならないので、お肌にあったクレンジングや洗顔方法でしっかりと日々お手入れすると良いでしょう。また、めんどくさがりな人はエステサロンの毛穴洗浄コースなどのフェイシャルエステを受けられることをお勧めします。

脱毛したら逆に毛穴が開くようになった!?

 
上記のように毛穴が小さく効果が見られた人に対し、「私は反対に毛穴が開くようになったんだけど、どうして!?」と思われている方もいるでしょう。実際に、毛穴が開く方もいます。

何故そうなるのかと簡単に言いますと「過度な乾燥」が原因です。上記で、ターンオーバーが活性化することにより水分量が正常になることもお伝えしましたが、脱毛後のケアによっては、より乾燥を引き起こしてしまう可能性があるからです。脱毛で照射し、毛母細胞にダメージを与えるということは、そこに熱が集中されるということにもなります。つまり、脱毛直後というのは、熱により水分が奪われやすく乾燥しやすいのです。なので、脱毛中に専用ジェルを塗って潤いを与えたり冷やしたり、ホームケア用品を推奨するサロンが多いのです。しかし、そこをおろそかにしていると肌の乾燥が一気に大きく進み、毛穴が広がりやすくなるのです。

以前いらっしゃったお客様にも、極度のめんどくさがりな性格で、お手入れをせず脱毛後もホームケアアドバイスを聞かずすぐ温泉などに行っていたりしていましたが、やはり毛穴が小さくなるということもなく脱毛途中から「最初からきちんと言うこと聞いておけば良かった」と言われるようになりました。

毛穴が黒ずんでいると脱毛ができないって本当?

 
黒くなった毛穴に対して脱毛出来ないというのは、本当です。上記でもお伝えしたように、照射することにより、毛の黒色(メラニン色素)に反応しムダ毛の毛母細胞にダメージを与え、減毛・脱毛していきます。つまり、脱毛サロンのスタッフもムダ毛に対しての照射をしていきますので、それ以外の黒いところというの避けて脱毛します。

他に例をあげるとするならば、ホクロとかも避ける対象になります。照射することで集中的に熱が届くことになり悪影響になりかねないのです。

脱毛後に毛穴が赤くなってしまった場合は?

 
脱毛後に毛穴が赤くなってしまう原因として、一番に言えるのは、照射した光がそこの毛穴の毛母細胞にダメージを与えるために熱がこもっているからです。大げさな表現に聞こえるかもしれませんが、毛穴のなかで炎症が起こっている状態ということです。

その際、まず絶対にNGな行為は日焼けと入浴、運動です。身体を温める行為をしてしまうと脱毛による熱が冷めることもなく、より熱を与えてしまうので赤みがひきにくくなります。なので、身体を温める行為は避け、冷やしたりすることをお勧めします。サロン推奨のホームケア用品を使ったり、氷水を入れた袋にタオルを巻き冷やすと良いでしょう。

脱毛サロンでブツブツを治すことはできる?

 
脱毛の効果により、肌のターンオーバーが活性化することにより、肌のなかで要らないとされるものが外に出やすくなります。最初のうちは、脱毛したことでブツブツが多くなった気がするという方もいるかもしれませんが、それは良い証拠なのです。内側に溜まっていたものがターンオーバーが活性化されたことにより、いつもより早いスピードで肌表面に出てきて、新しい肌へ生まれ変わろうとしているのです。

それでも、ブツブツが治らない、気になるという方はサロンによってはトリートメントコースもありますので、相談しそちらも一緒にされてみてはいかがでしょうか。

自己処理は毛穴を悪化させるので気をつけよう!

 
自己処理をしていると、乾燥したり、そのことで粉がふいている状態になったりという経験はありませんか。実は、それは自己処理が原因で、ムダ毛をカミソリなどで剃ることによりムダ毛だけでなく、新しい皮膚も一緒に剃ってしまっているのです。そのことにより、乾燥が進み毛穴を悪化させてしまう原因になるのです。やはり、自己処理は控え脱毛サロンで計画的に早く脱毛するのが良いですね。

まとめ

脱毛サロンできちんとお手入れもしながら脱毛をしていると、ムダ毛だけでなくお肌・毛穴に対しても嬉しい効果があります。脱毛完了後、ムダ毛がなく以前よりも毛穴が小さくなった肌で、春夏の薄着の時期など自信持って肌見せ出来ちゃいますね。

 - デリケア , , , , , , , ,