ステキにプラス

間違った使い方は効果半減!?顔ニキビのジッテプラスの効果的な使い方

      2017/06/09

全身で使用ができるジッテプラスですが、公式サイトには部位別に具体的な使用方法が記載されていないので、サポートセンターへの電話確認・口コミなどを元に顔への効果的な使用方法をまとめてみました。

ジッテプラスと化粧水はどちらが先?顔に使用する際の効果的な順番について

1 まずは洗顔で顔を清潔にしましょう。
夜はメイクをしっかり落とし、朝は睡眠中の皮脂汚れを洗い落として皮膚を清潔に。これは基本中の基本ですね♪
0942f721decdf4a4075c3c395981c9e6_t

2 化粧水の前にまずジッテプラス
化粧水の前がポイント。清浄効果と浸透効果が高いものを先にお肌に投入するのがおすすめです。顔全体に塗る目安の量は大豆1つ分強くらいが良さそうです。使いながらご自身の適量を調整してみてください。手の平に広げてなじませてから塗ることを忘れずに。また、ハンドプッシュで手の平を使って温めるようになじませると、手のぬくもりで浸透しやすくなりますよ。
Inked7564f69582d1d031267a954e70a5b000_LI

3 化粧水で水分をさらに補給します。
ジッテプラスを塗って肌に十分なじませた後に化粧水を与えましょう。ジッテプラスを塗ってから化粧水を与えると浸透が違ってくると思います。
29cec53f9827d855bab98070f4c8bf65_t

4 朝→乳液 夜→保湿クリームで保湿
保湿をしっかりするために、乳液または保湿クリームでしっかり肌表面にフタをして水分を閉じ込めましょう。乾燥が進むと、肌は余計な脂を排出し、毛穴のつまりの原因にもなることもあるので注意してくださいね。朝はジェルがしっかり浸透してからメイクをしないとヨレやすくなるのでご注意を美容液などは、商品によりますが乳液やクリームなどの「フタ」より先に使用するほうが良いと思います。
730b6a9aef363a37d5149878f964a9f1_t

POINT!
ジッテプラスは化粧水の前に使用する
ハンドプッシュで温めるようにしながら優しく塗ることで浸透力UP
美容液は乳液・クリームより前に塗る
炎症部分以外にも塗ることでこれからできるニキビを予防
ことでこれからできるニキビを予防

肌の状態に合わせていつも使う化粧水やクリームも少なめでも大丈夫かと思います。肌がふっくらみずみずしく、ちょうど良いと思える量で各自で調整してくださいね。

顔の皮膚は個人差や部位にもよりますが、ラップ1枚くらいしかないので非常にデリケート。さらにニキビができている顔は肌のバリア機能が弱まっています。なので塗る時はラップを触っているという意識で優しく塗りましょう。同様に洗顔・クレンジングも、タオルで拭くときも、お化粧の際にパフで塗る時もソフトタッチを心がけてくださいね。

ここで差が出る!顔のニキビ跡を残さないためにさらに効果的な使い方

通常の使用法だけではなく、ちょっとワンランク上の使用方法を研究したので紹介します!

お風呂で湯船に浸かりながらのパックでぷるぷるお肌に

湯船に使っている時間を使ってパックタイム。入浴中毛穴が開いてジェルは浸透しやすい環境になります。洗顔後、ジェルを塗ってその上からラップやシリコンマスクなどでカバーすることでさらに効果的です。
c4d203113b8a5689d9c602dee0729c92_t

手に余ったジェルは首・デコルテのマッサージに使う!

お手入れした後に手に残ったジェルは、首や肩を撫でながらマッサージして伸ばしましょう。マッサージと言っても、強く揉むのではなく、耳の下(耳介前リンパ節)からまっすぐ下に首ラインをやさしく上から下にさするように撫でていきます。
鎖骨に到達したら、今度は鎖骨の内側から外側、さらにそのままニの腕の付け根(鎖骨リンパ節)にかけてやさしく撫でましょう。
567057
耳から下、二の腕の付け根にはリンパがあるので、ここを撫でると顔の老廃物の排出をサポートしてくれます。
必ず、向きはリンパの流れに沿った「首は上から下」「鎖骨は内側から外側」の一方通行にしましょう!逆向きはNGですよ。
老廃物を流すサポートや、むくみを改善してくれる効果が期待されます。

ほかにも、イラストのリンパ節がなどを参照して軽くプッシュしてみても良いと思います。
ただ、ニキビのある場所は避けるのと、強い摩擦は肌に負担がかかるのでやさしく行いましょう。
せっかく買うのであれば、有効活用して使いたいですよね!

>>元のページに戻る
>>ジッテプラスの効果と特長を徹底検証!

 - スキンケア, ビューティー, ボディケア, 未分類 , , , , , ,