ステキにプラス

ALL-Jの効果的な使い方は?使用方法を間違えると効果が半減する?!

      2017/10/13


「ALL-Jを買ってみたものの、使い方がいまいち分からない!」
「どのタイミングでどのくらいの量を使えば良いの?」

など、初めてケアをする方は正しい使用方法が分からないですよね。
今回は、説明書よりも分かりやすくALL-Jの使い方についてご紹介したいと思います。

基本的な使い方

 
ALL-Jは1本50gで約1カ月使用できます。
では、初めに使い方の手順をご説明します。

①ALL-Jを手のひらに3~4プッシュ出します。
②手のひらにクリームを広げたら、優しく肌に押し込むようにマッサージしながら顔全体に馴染ませてください。
③乾燥やシワ、シミが気になるところは多めにクリームを塗って完了です。

必ず使用する前は、化粧を落とし洗顔後の清潔な状態でご使用下さい。

乾燥が気になる部分やシミやシワ、ほうれい線など肌の悩みがあるところは重ね塗りをしてください。
そうすることによってALL-Jに配合されている保湿成分のセラミドが肌に浸透しやすくなったり、肌が乾燥して外からの刺激を受けにくくすることができます。

ワンポイントアドバイス

目安の使用量は3~4プッシュですが、乾燥が気になったり使い始めは多めの使用をおすすめします!
使用しているうちに、肌の状態も良くなるので使用量を減らしていくなど対策をしてみてください。

肌荒れにつながるNGな使い方

 
カサカサが気になるからと言って、10プッシュなど必要以上に多めに使用してしまうとあっという間に1本分が無くなってしまいます。
ALL-Jは少ない量でも良く伸び、浸透力があるので3~4プッシュしてもう少し潤いが欲しいなっと思ったら、もうワンプッシュするなど細かな調節をしてみて下さい。

また、脂性肌(オイリー肌)や混合肌の方はクリームを気持ち少なめの使用をおすすめしています。
皮脂分泌が多い場合にクリームをたっぷり付けてしまうと毛穴が詰まり、ニキビや吹き出物の原因になります。

またクリームを肌の奥まで浸透させようと強く押し込んだり強くこすったりすると肌が傷んでしまいます。
その結果、肌が赤く炎症を起こしてしまったりと逆効果に繋がるので力加減にもご注意ください。

ALL-Jでカサカサ肌やシミ、シワなどの肌のケアをしているつもりが、間違った使い方をしてしまうと逆に肌を傷めてしまう場合もあるんです。
きとんと正しい使用方法を守りマイナス5歳肌を目指しましょう。

使用するタイミング

 
さてALL-Jの使用するタイミングはいつが良いのか?
ALL-Jを愛用している方は、朝の洗顔後と夜の入浴後の1日2回使用している方がほとんどでした。

朝は洗顔後の肌が清潔になった状態で使用してください。
ALL-Jを塗った上からの化粧をすると肌ノリが良くなります。

夜の集中ケアは、肌が温まっている状態で使用するとクリームが肌に浸透しやすくなるので効果抜群です!

効果を上げる使用方法

 
ALL-Jを使用するにあたってより効果を実感できる方法はどんな方法があるのでしょうか?

化粧前に使用する場合はしっかり馴染んでから!

メイク前にALL-Jを使用するとファンデーションが肌に馴染みやすくなり化粧も長持ちします。
ただし使用する場合は必ずALL-Jがしっかり肌に馴染んだ後に使用しましょう。
ALL-Jがまだ肌に残っている状態でファンデーションを塗ってしまうと化粧がよれてしまう場合があります。

ALL-Jのマッサージは乱雑にしてはダメ!

顔全体に伸ばして適当にマッサージすれば良いんだよねっと思いがちですが、マッサージにも効果的な方法があるんです。
顔の毛穴は下に向いているため、ALL-Jの成分がしっかり肌に浸透するために下から上へ内側から外側へ向かって塗るのが正しい方法です。

ハンドプレスで成分を浸透させる

ハンドプレスをすると直接素手で肌に触れるため、その日の肌の調子がよく分かったり手の温度によって浸透力がよりアップします。
ただし必要以上の力で押し込んだり、強い力でしてしまうと肌トラブルの元になるので注意しましょう。

正しい使用方法の動画


 
正しい肌へのマッサージ動画がこちらになります。
ぜひ参考にしてみて下さい。

使い方を工夫した結果

ALL-Jを使用してから乾燥肌が改善されました!
始めた頃は、肌が粉ふき状態でひどかったので1回で6プッシュほど使っていました。
使い続けているうちに、乾燥がなくなってきて平均の4プッシュでも効果が満足するほどにまでになっていました。
今では今までで一番良い肌のコンディションを保てています!
ALL-Jがあれば冬の乾燥も心配なさそうです。

まとめ

初心者方でも分かるALL-Jの使用方法を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?
間違った使い方をしてしまうと肌に悪影響を与えてしまうので注意してくださいね。

正しい使い方を守って、いつまでも綺麗なお肌を保ち続けて下さい!

 - スキンケア , , ,