ステキにプラス

シズカゲルは危険?配合成分の中に副作用の心配はあるの?

   

「シズカゲルで簡単にスキンケアができると人気だけど、配合成分は安全なの?」
っと疑問に思っている方に今回はシズカゲルの配合成分に副作用はあるのか?
肌に悪影響な成分は一切入っていないのか調査してみました。

シズカゲルの全成分は?

 


フランスカイガンショウ樹皮エキス,ビルベリー葉エキス,3-O-エチルアスコルビン酸,テトラ 2-ヘキシルデカン酸アスコルビル,ユキノシタエキス,マロニエエキス,シア脂,カンゾウフラボノイド,N-ステアロイルフィトスフィンゴシン,オリブ油,スクワラン,1,3-ブチレングリコール,トリイソステアリン酸グリセリル,硬化ナタネ油アルコール,1,2-ペンタンジオール,精製水,アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体,アルギン酸ナトリウム,水素添加大豆リン脂質,天然ビタミン E,カルボキシビニルポリマー,水酸化ナトリウム,フェノキシエタノール

が配合されていることが分かりました。
その中でもシズカゲルこだわりの成分はどんなものがあるのでしょうか?

メラニン抑制効果がある成分

 
そもそもメラニン色素とは、人体において作られる色素の事です。
メラニンは紫外線を吸収する働きがあり、肌から紫外線を守る働きがあります。

しかし、過剰に分泌しすぎてしまうと色素が表皮に残り、シミの原因となってしまいます。
だからといってメラニン色素がないと紫外線から肌を守ることができないので、細胞のダメージが大きく皮膚がんになりやすくなります。
メラニンは絶妙なバランスが重要です。

本題のメラニン色素を抑制してくれる成分をご紹介します。

アルブチン

 
アルブチンは、美白効果が高く数々の化粧品に配合されている成分です。

メラニンが黒くなる原因は、チロシナローゼという酵素が酸化することによって起こります。
アルブチンはこのチロシナローゼの生成を抑えメラニンが黒色化することを防ぐ効果があります。

フラバンジェノール

 
フラバンジェノールは、フランス南西部ランド地方にある樹皮から抽出された天然のポリフェノールです。
肌を潤いのある若々しく保つ効果があります。
とにかく美容力が高くビタミンCの約600倍、コエンザイムQ10の約250倍という驚きのパワーを秘めています。

ビタミンC誘導体

 
ビタミンC誘導体の元は、ビタミンCです。
ビタミンCは>抗酸化作用や美白効果に優れた成分</spanです。
しかし、成分自体は非常にもろく壊れやすいため、肌に効果が発揮されにくい欠点がありました。

そこで壊れやすいビタミンCを壊れないよう人工的に改良したものがビタミンC誘導体になります。

乾燥・肌荒れに効果がある成分

 
シズカゲルには、肌を乾燥から守り肌トラブルを防ぐため、10種類の天然由来成分が配合されています。

フラバンジェノール、アルブチン、ビタミンC誘導体、ビルベリー葉エキス、ユキノシタエキス、マロニエエキス、カンゾウフラボノイド、ビタミンE、セラミド、オリブ油、スクワラン、シア脂

お肌に優しいこの天然由来成分を詳しくみていきたいと思います。

ビルベリー葉エキス

 
ビルベリー葉エキスは、北欧の森に自生するブルーベリーの仲間の1つです。
ビルベリーは、太陽の紫外線から身を守るため、実や葉にポリフェノールを豊富に含み、強い抗酸化作用を持っています。
さらに、鉄やクロムを含んでいるため潤いのある肌を保つ働きがあります。

ユキノシタエキス

 
ユキノシタエキスは、ユキノシタの全草から抽出されたエキスです。
消炎、抗酸化作用がある他にも活性酸素を除去する働きがあり美白効果もあります。

肌トラブルである肌荒れ、ニキビ予防、シミ、シワなどのアンチエイジングにも最適の成分です。

マロニエエキス

 
マロニエエキスは、トチノキ科植物のセイヨウトチノキの果実や葉からつくられる液体です。
消炎作用、収れん作用、血行促進の効果があります。
その結果、肌荒れを防ぎ潤いのある肌を手に入れることが出来ます。

他にも紫外線吸収作用がありシミ、シワ予防にも効果があります。

カンゾウフラボノイド

 
カンゾウフラボノイドは、マメ科植物のカンゾウの根や茎から抽出されたエキスです。

グリチルリチン酸を多く含んでいるため高い消炎作用があります。
その結果、肌荒れ予防、ニキビ予防や改善効果があります。
他にも美白効果があり、阻害効果のメラニンを防止する働きもあります。

天然ビタミンE

 
天然ビタミンEは、合成・天然型・天然の3つの種類があります。
合成は化学的に反応させ人工的に製造したものです。
肌の乾燥、冷え、体のコリが気になる方にはおすすめの成分おです。

セラミド

 
セラミドは、肌や髪の潤いに欠かせない成分です。
もともと体内にある成分ですが、年齢とともに減少する傾向があります。
セラミドが不足すると肌のバリア機能が低下し肌トラブルの原因に繋がります。

オリブ油

 
オリブ油は、オリブの実を圧搾した液体です。
オリブ油は、美容成分が高く食べても肌に塗ってもどちらとも効果が得られます。
肌のたるみやシミやシワの年齢肌にも効果があり、ストレスによっておこる肌荒れやニキビなどの改善にも役立つ成分です。

主に年齢肌、乾燥肌対策として多くの化粧品や医学部薬品に配合される成分です。

スクワラン

 
スクワランは、哺乳類や植物に含まれるスクワレンという成分を水素添加した液体の事です。
スクワランは人間の皮膚にも含まれている成分のため浸透が良く安心して使う事ができる成分です。
優れた保湿効果があります。

シア脂

 
シア脂は、中央アフリカに生育する木(シアーバターノキ)から採れる油脂で別名シアバターとも言われます。
高い保湿効果があるため、世界中から注目されている成分です。
シア脂は滑らかなため少量でも伸びが良いのも特徴です。

シズカゲルの副作用の心配は?

 
シズカゲルを実際に使って副作用が出た人がいるのか気になって口コミサイトで調べてみましたが、ありませんでした。
効果がいまいち実感できなかった方は残念ながらいましたが、副作用がでた症状はみられませんでした。

シズカゲルは副作用が無いことはもちろん、敏感肌の方でも安心して使用ができるよう以下のことが実施されています。

①界面活性剤フリー
②パラベンフリー
③アルコールフリー
④合成香料フリー
⑤合成着色料フリー
⑥鉱物油フリー
⑦シリコンフリー

肌に負担がある7つの原料を無添加で製造しています。
さらにアレルギーテストも実施済みなので安心してご使用いただけます。

アレルギーには注意!

 
副作用が無いからといっても、アレルギー体質の人は使用する際は注意が必要です。
重度の敏感肌の方やアレルギーをお持ちの方は、使用前に成分をしっかり確認し、パッチテストをすることをおすすめします。

まとめ

シズカゲルの副作用はあるのかご紹介してきましたがいかがだったでしょうか?
シズカゲルは肌に負担がかかる成分や添加物は一切入っていないことが分かりました。

敏感肌でスキンケアが出来ないと悩んでいる方は、是非一度試してみてはいかがでしょうか?

 - 商品レビュー , , , , , ,