ステキにプラス

健康診断結果で気になり始めた体脂肪。さて、どうしましょう?

      2018/01/29

以前よりは太ってきたかなぁとお腹回りが気になるなと思ってはいても、何もせずにそのまま。

でも、健康診断でお医者さんに太りぎみである事を指摘され、健康のためになんとかしなければと重い腰を上げる人も多くいます。

急に気になり始めた体脂肪…。

では体脂肪とはそもそもどんなもので、どの程度にするのがいいのでしょうか?

体脂肪とは

名前の通り体脂肪とは体に蓄えられた脂肪のことで、主に脂肪細胞に貯えられています。

また、体重に占める体脂肪の比率を体脂肪率といいます。

肥満度とBMI (体格指数)

身長と体重の関係から肥満度を示すBMI(体格指数)を出せます。

計算式(大人用)は

BMI= 体重kg ÷ (身長m)2
適正体重= (身長m)2 ×22

BMIは肥満度が以下の6種類に分類されます。

18.5未満:低体重
18.5〜25未満:普通体重
20〜30未満:肥満 (1度)
30〜35未満:肥満 (2度)
35〜40未満:肥満 (3度)
40以上:肥満 (4度)

肥満 (2度)を超えているようであれば、体脂肪率に限らず確実に太り過ぎな状態です。

こうなると、見た目的にも太って見えない人はまずいません。

また、見た目だけでなくそのまま太りすぎであるのを放置、更に肥満度があがることは、高血糖、脂質異常、高血圧などの生活習慣病発生リスクが急激に高まります。

明日の健康のためにも、早急に痩せる努力をする必要です。

体脂肪に限らずと上に記載しましたが、BMIの計算では体脂肪率は図ることは残念ながらできません。

BMI上は普通体重、同じ身長、体重であっても体脂肪率からみると太っているという人も多くいます。

これらの人は俗にいう「隠れ肥満」にあたります。

何故同じ身長、体重で体脂肪率が変わってくるのかといえば、筋肉量によるものです。

脂肪よりも筋肉は密度は小さくても重くなりますので、体脂肪率が同じ身長、体重でも異なるということがでてきます。

ですから、肥満はBMIだけを気にするのでなく、体脂肪率も気にする必要がありました。

男女年齢別の体脂肪率

体脂肪
体脂肪の目安は女性、男性、年齢別にすると以下のような感じになります。

女性の体脂肪率基準

18歳~39歳
痩せ: ~20%
標準(マイナス): 21~27%
標準(プラス): 28~34%
軽肥満 : 35~39%
肥満 : 40%~

40歳~59歳
痩せ ~21%
標準(マイナス): 22~28%
標準(プラス): 29~35%
軽肥満: 36~40%
肥満 : 41%~

60歳以上
痩せ ~22%
標準(マイナス): 23~29%
標準(プラス): 30~36%
軽肥満 : 37~41%
肥満: 42%~

男性の体脂肪率基準

18歳~39歳
痩せ : ~10%
標準(マイナス): 11~16%
標準(プラス): 17~21%
軽肥満: 22~26%
肥満: 27%~

40歳~59歳
痩せ: ~11%
標準(マイナス): 12~17%
標準(プラス): 18~22%
軽肥満 : 23~27%
肥満 : 28%~

60歳~
痩せ ~: 13%
標準(マイナス): 14~19%
標準(プラス): 20~24%
軽肥満 : 25~29%
肥満 : 30%~

健康のためには少し体脂肪が増えても余裕がある、標準(マイナス)(プラス)の中間値あたりぐらいであることが必用です。

標準とある通りいわゆる普通の値ですから、特別な場合は除き誰でも目指せる、実現可能な数値ですので、範囲外の方は少しだけ頑張ってみましょう!

まとめ

体脂肪が減る=筋肉量が増えると基礎代謝が増えます。

それは何故かというと、筋肉の方がカロリーを脂肪よりも大きく消費するからです。

体脂肪を減らすことを目標にすると体重も減りやすくなりますから、次の健康診断では改善が見られるのでないでしょうか。

 - 商品レビュー , ,