ステキにプラス

暴飲暴食しても太らない?! 実は単純な食べ方の時間ダイエット

      2018/01/29

突然ですが、太ってしまう理由は何故なのか考えたことがありますか?

単純に考えれば体が必要としているカロリー以上の食事をしているから。

基礎代謝 + 消費カロリー摂取カロリー

1日、2日のことであればあまり影響はありませんが、継続した摂取カロリーの過多は脂肪というお肉に変わり体に付き、結果太ります。

ギャル曽根さんをはじめとする大食いタレントは沢山食べているのに太ってないじゃないか!という人達がいます。

たくさん食べてはいますが、体に吸収されていないのがスリムで太らない理由です。

テレビでギャル曽根さんの腸内環境を検査するという企画がありましたが、ギャル曽根酸は腸内フローラの善玉菌が50%という脅威の結果がでました。

一般女性の場合の善玉菌は10〜15%。理想とされている善玉菌の量が20%と言われているなか、50%というのは脅威としかいえません。

もう次元が違う特別ですので、比べるのが間違っています。

吸収されなかった食べたものはどうなっているのか。う◯ちとして排出されています。

便秘しらずどころかテレビなどで大量に食べた時は、ものすごい量をしているのは間違いないですね。

食べても太らないことは女性の多くが羨ましいと思うことですが、特別な人達もいるということです。

でも、こんな特別な人でなくても食べても太らない、太りづらくなる方法がありますので、続けて紹介します。

特別な人でも食べても太らない方法

ギャル曽根さんや腸内が特別な人でなくても食べてもも太らない方法。8時間ダイエットです。

この8時間ダイエットとは1日24時間のうちに、食べられる時間は8時間にするというダイエット方法です。

ハンバーガーやホットドッグなどの高カロリーファストフードを我慢せずに食べたいというアメリカ人が考えたダイエット方法です。

痩せられる理由:ミトコンドリア

ミトコンドリアは代謝を司る細胞内にある小器官です。

ATP(アデノシン三リン酸)という人が活動するために必要となるエネルギーを作りますが、ミトコンドリアが活動しつづけると作成されたエネルギーは脂肪として蓄えられてやすくなります。

ミトコンドリアを休む時間を作ることで、余分なエネルギーを作らず痩せやすい体を作ります。

痩せられる理由:グリコーゲン

グリコーゲンは体内で一時的にエネルギーを溜めておくための物質です。食事で糖質を取るとブドウ糖に変わりますが、グリコーゲンはブドウ糖に繋がっています。

16時間食べない状態を作ることでグリコーゲンが枯渇することで、脂肪をエネルギーとして使うので、痩せやすくなります。

痩せられる理由:摂取カロリー抑えられる

食べられる時間が8時間というのがポイントです。

8時間以内に3食を食べようとすると、食事の感覚が狭まります。空腹を感じる前に次の食事ということになるので、多くの量を食べられません。

結果食事をする量が減るので、摂取カロリーが抑えられます。

8時間ダイエットがやりやすい理由

何時以降は食べては行けないではなく、その人のライフスタイルに合わせて8時間は食べて良い時間、16時間は食べない時間を作るという点で、プチ飢餓状態を作ることがポイントでした。

痩せたくても無理に我慢して、低カロリーなものしか食べられないのは我慢できないという人に最適なダイエット方法です。

水分は8時間以外にも飲んで大丈夫ですので、普段よりも沢山水分を取ってください。無糖コーヒーやストレート紅茶を飲めばカフェインが食欲を抑えてくれます。

水分は8時間以外にもOKといっても、甘い飲み物は厳禁ですよ!

人を選ぶダイエット方法ですが合えば抜群な効果がでますので、無理しない程度に試してみてくださいね。

 - 商品レビュー ,