ステキにプラス

炭水化物を食べないダイエットは正解?それとも不正解?

      2018/01/29

今現在、ダイエットをしてらっしゃいますか?

する理由は人によって健康理由、キレイになりたい、かっこよくなりたいなど様々です。

ダイエット方法も細かく分類すると星の数ほど方法がありますが、大きく2つに分類できます。

まず、ウオーキング、ジョギング、ヨガ、ジムに通うなどの運動によるダイエット。

次にカロリー制限、ファスティングなどの食事によるダイエットの2つです。

この運動によるダイエット、食事によるダイエットの中から今回は食事によるダイエットの一つ、「炭水化物ダイエット」について紹介します。

そもそも炭水化物の食べ物って?

穀物にイモ類、それらを原料とする食品です。
米、麦、じゃがいも、さつまいも等。

ご飯、粉もの全般 (うどん、そば、ラーメン、パン、お好み焼き等)、いもなど、主食になるものです。

ヘルシーとダイエッターに人気のシリアルも、炭水化物に分類されます。

語弊もありますが、簡単にいえば主食を抜くダイエット方法が、炭水化物ダイエットです。

※含まれる量に大きな差はありますが、炭水化物はどの食べ物にも含まれています

炭水化物ダイエットの効果

炭水化物を食べるとエネルギーになる「糖質」と、「食物繊維」に分類されます。

エネルギーの多い糖質が少なくなるとどうなるのかというと、ほぼ間違いなく痩せます。

単に体重を落とすという意味で限定すれば、どのダイエット方法よりもカンタンといえるかもしれません。

炭水化物ダイエットの弊害

食物繊維不足
本来炭水化物をとることで摂取できていた分がとれなくなりますので、どうしても食物繊維が不足がちになります。

食物繊維が不足すると、まず起こるのが便秘です。

便秘になる理由は食物繊維が不足すると出すべき便が固くなってしまい、大腸に長く停滞してしまいます。

老廃物が排出されないと次に起こるのは、「肌荒れ」です。

せっかくダイエットしてキレイになろうとして、肌荒れが起こってしまうようでは本末転倒ですよね。

髪のツヤがなくなる
生きていく上での3大栄養素が「糖質、たんぱく質、脂質」です。

糖質がとれないと、体はたんぱく質をエネルギーに使います。

エネルギーに使ってしまったことによるたんぱく質不足は、髪の毛のツヤ、はりに悪影響がでて、ツヤのない髪になってしまいます。

ストレスがたまる
一度試してみるとわかると思いますが、主食が食べられないというのは、想像している以上にストレスがたまります。

また、糖質が不足するので思考能力が低下し、無気力や感情が高ぶりやすくなることで、怒りやすくなったりもします。

リバンウンドしやすい
炭水化物ダイエットは急激に体重を減らすことが可能です。

急激に減らした体重は、徐々に減らした体重よりも断然リバンウンドしやすくなります。

食事を元に戻すとスポンジが水を吸うかのように一気に体重が戻りやすいので、徐々に通常の食事メニューに戻すことが大切です。

まとめ

炭水化物ダイエット

炭水化物ダイエットは痩せられるという効果が大きい反面、極端に減らすなどしてしまうとやる気がおきない、肌が荒れる、髪がパサパサになるなどの弊害も起こります。

ですので、いつもよりも気持ち制限をする炭水化物ダイエットは正解!全く主食をとらないなどの極端なものは不正解!という感じです。

うまく活用すれば効果もあって他のダイエット方法よりもカンタンな部類になりますので、うまく炭水化物ダイエットを取り入れてみてください。

 - 未分類 ,