ステキにプラス

【監修】赤ら顔のスキンケア方法は?正しいお手入れで赤みを改善|ステキにプラス

      2018/10/18

今回のテーマは赤ら顔のスキンケア方法。

・皮膚が薄くて敏感で赤ら顔になりやすい
・寒暖差で赤ら顔になりやすい
・ニキビの炎症で顔が赤い

といった症状でお悩みの人も多いのではないでしょうか。

そこで、

  • 赤ら顔の症状を知る
  • 赤ら顔のスキンケア法
  • 赤ら顔向けスキンケアアイテムの紹介

の3本立てで紹介したいと思います。

この記事の監修 日本化粧品検定1級

緒方えり

1989年生まれ。 大学卒業後は、製薬会社の化粧品事業部で5年半勤務。化粧品検定1級を取得。現在はNYで、化粧品の豊富な知識を生かして化粧品関連の執筆や監修を行い、専門家の視点から化粧品の正しい評価や化粧品の良さを伝えるための活動に熱を入れている。

赤ら顔ってどんな症状?種類はあるの?

赤ら顔 タイプ

一般的に、顔の皮膚の状態が、本来の色味より赤くなる状態を赤ら顔と言います。

とはいえ、その症状や原因は一つではありません。

なぜ赤ら顔になっているのかを知り、原因に合わせたスキンケアをすることが大切

実際にどのような赤ら顔タイプがあるのか、簡単に紹介します。

血管の影響と皮膚の薄さ(毛細血管が透ける)

血管の影響と皮膚の薄さ(毛細血管が透ける)

皮膚が比較的薄めで敏感な人に多い症状です。

・肌のバリア機能が十分でなく敏感なゆえにほんのわずかな刺激でも肌が炎症を起こして肌が赤く見える場合。
・皮膚が薄いため、気温差で毛細血管が拡張し、毛細血管が透けて見える場合があります。

また、この両方が原因になっている場合も多いです。

これらの原因をさらに深めると・・・

・生まれつき、また遺伝的にアトピー肌
・生まれつき皮膚が薄い(色白の場合が多い)
・加齢によるバリア機能の低下
・肌に合わないスキンケアのダメージ
・薬の副作用
・ホルモンバランス

このようなケースが考えられます。

ニキビ

ニキビ

ニキビそのものの炎症やニキビ跡の炎症が残っている場合もあります。

頬やTゾーンは思春期ニキビができやすく、若い人に多い赤ら顔のパターンです。

女性の大人ニキビの場合は、生理前に口周りにできやすく口周りからフェイスラインにかけて赤くなる場合があります。

さらに先ほどお伝えした敏感肌や、皮膚が薄い状態の時にニキビの症状が重なることでより赤みが目立ちやすくなります。

また、肌に合わないニキビケアでさらに赤みが悪化したり、症状が長引く可能性もあります。

酒さ

酒さは、「お酒を飲んで顔が赤くなったような状態がずっと続いているような状態」とよく表現されます。

症状の見分け方としては、頬や鼻を中心に毛細血管が透けて見えるだけでなく、細かい吹き出物が広範囲にでる状態です。

胃のピロリ菌や皮膚の表面の毛包虫感染が原因という説もあります。

ただ、まだはっきりした原因はわかっていないのが現状です。

参考:「MSDマニュアル家庭版」
参考:「医療法人社団 清優会 はなふさ皮膚科」

脂漏性皮膚炎

脂漏性皮膚炎

脂漏性皮膚炎は、生活習慣やストレス、また皮脂を過剰に取りすぎることが根本的な原因であると言われています。

生活習慣の乱れやストレスの結果、「真菌」という肌のカビが増えて起こる症状です。

ニキビと同様、炎症によって顔が赤く見えてしまいます。

ただニキビの場合は、湿疹の中に白い芯ができますが、脂漏性皮膚炎の場合は芯がないのが特徴です。

ほてり

ほてり

ほてりの代表的な例としては

・寒暖差によるもの
・更年期に起こりやすいホットフラッシュによるもの

があります。

ほてりの場合も皮膚が薄い人ほど、寒暖差で特に肌が赤くなりやすいです。

赤ら顔を制するには刺激を最小限に抑えることがキーポイント

赤ら顔を制するには刺激を最小限に抑えることがキーポイント

赤ら顔ケアで一番重要なことは、刺激を最小限に抑えること。

赤ら顔になっている状態の肌は敏感になっているので、少しの刺激でも肌の中で炎症を起こしてしまい赤ら顔が長引いたり悪化する原因となります。

その上で、バリア機能を高めるケアが大切です。

気をつけたいことはこちら!

  • 刺激の少ない化粧落とし選び・使い方
  • 刺激の少ない洗顔選び・使い方
  • 洗い流すぬるま湯の温度
  • 刺激の少ない拭き取り
  • 刺激の少ないスキンケア選び・使い方
  • 刺激の少ないメイクアップアイテム選び・使い方

刺激の少ない化粧落とし選び・使い方

赤ら顔 刺激の少ない化粧落とし選び・使い方

スキンケアはメイクや日焼け止め、皮脂などの油分の汚れを落とすところから始まります。

ただ、摩擦による刺激が少なくとも起こってしまうので、その刺激を最小限に抑える必要があります。

化粧落としには、様々なタイプがあります。

・拭き取りタイプのクレンジング
・オイルクレンジング
・水クレンジング
・ジェルクレンジング
・クリームタイプのクレンジング
etc.

どのメーカーも肌に優しく作られてはいますが、個人的には肌への負担が少ないと言われている、

水クレンジング
ジェルクレンジング
クリームタイプのクレンジング

がおすすめです。

使い方については、各メーカーが表示している使い方が基本です。

もし、使い方に迷う場合は、次のような使い方でやってみられてください。

水クレンジングやオイルクレンジングなど液体タイプ

コットンより、摩擦が少ない手で使うのがおすすめ

摩擦をなるべく避けるため適量より多めにクレンジング料を手に取ります。

手のひらに一旦なじませてから円を描くように顔になじませます。

力を入れてマッサージをすると皮膚が引っ張られて逆効果なので気をつけてください。

多少時間がかかっても、時計の秒針が動くスピードぐらいのスローペースでそっとなじませるのがおすすめです。

ジェルクレンジングやクリームクレンジングなど固体タイプ

こちらも手で使うのがおすすめです。

またこちらも適量より気持ち多めにクレンジング料を手に取り、顔の数カ所(両頬、鼻、顎、額 etc.)に置きます。

そのあとこちらも優しい力加減とスローペースで液体タイプのクレンジング料と同様に丁寧に顔になじませます。

拭き取りタイプ

拭き取る時に肌に負担がかからないようにクレンジング料が染み込んだシートまたはコットンで皮膚に数秒優しく押し付けます。

十分にクレンジング料とメイクが馴染んでからそっと拭き取りましょう。

刺激の少ない洗顔選び・使い方

赤ら顔 刺激の少ない洗顔選び・使い方

クレンジングや油性の汚れを落とすものですが、洗顔は、古い角質や肌に付着、または毛穴に詰まったチリ、ほこりなど水性の汚れを落とすものです。

このクレンジングと洗顔を両方行うことを「W洗顔」と言います。

「W洗顔不要」と書かれているメイク落とし、または洗顔料は両方する必要はありません。

洗顔料にも種類があります。

・固形の石鹸
・クリームタイプ
・直接泡出ててくるタイプ

バリア機能が低くなっている赤ら顔の場合、皮膚がアルカリ性に傾いた際に、本来の弱酸性に戻る機能が低くなっている場合があります。

そのため、個人的には、

弱酸性で、かつ泡を立てて使うクリームタイプ

がおすすめです。

固形の石鹸の場合、作る過程でアルカリを混ぜるので弱アルカリ性になる場合があり、直接泡で出てくるタイプもアルカリ性の場合があるからです。

使う時にしみたりしない自分にあった洗顔料を選びましょう。

また、泡を立てて使うタイプはもこもこで弾力のある泡を作って洗顔してください。

泡だてが難しい場合は洗顔用泡立てネットの使用もおすすめです。

洗顔するときは、指が皮膚に当たらないように泡で洗うというのがポイントです。

1分くらいで流して大丈夫です。

洗い流すぬるま湯の温度

赤ら顔 洗い流すぬるま湯の温度

続いて、クレンジングや洗顔料を流す時の水(ぬるま湯)の温度についてです。

どうしてもシャワーを浴びるときなどは熱めのお湯を使われることもあるかと思いますが、クレンジングや洗顔を流す時はなるべく水か水に近いぬるま湯で洗うのがおすすめです。

冷水で洗う必要はありません。

体温より高い温度で皮膚を流すと、セラミドなどの肌の潤い成分が流れてさらにバリア機能が低下してしまう可能性があります。

そのため、32度以下の水かぬるま湯でなるべく洗って見られてください。

刺激の少ない拭き取り

赤ら顔 刺激の少ない拭き取り

洗顔後、化粧水などをつける前にタオルで水滴を拭くと思います。

ここでも油断せず、優しく拭いてあげましょう。

タオルはなるべくふわふわのものを選び、ゴシゴシ拭くのではなく、軽く抑えるイメージです。

刺激の少ないスキンケア選び・使い方

赤ら顔 刺激の少ないスキンケア選び・使い方

刺激の少ない、もしくは皆無に等しいスキンケアアイテムが望ましいのですが、これがなかなか難しいことだと思います。

実際に試さないとわかりませんし、肌の状態によっても、今まで使っていた化粧品が急に合わなくこともあるからです。

一番大事なのは使用してひりつき、痒み、ほてりなどがなく使えること。

また、赤ら顔スキンケア成分についてもっと詳しく知りたい人はこちらの記事をご覧ください。

刺激の少ないメイクアップアイテム選び・使い方

赤ら顔 刺激の少ないメイクアップアイテム選び・使い方

たとえあまりお化粧をしたくなくても、マナーとしてしなければならない場面があると思います。

また、紫外線ダメージを受けないようにするための日焼け止めも欠かせませんよね。

さらに、大事な場面では赤ら顔をカバーするメイクが必要になることも。

日焼け止め、下地、ファンデーション、ポイントメイクアイテムも使って刺激のないものを選びましょう。

赤ら顔向けメイクアップ法について詳しく知りたい人はこちらの記事を参考にしてみてください。

【タイプ別】赤ら顔のスキンケア方法で取り入れたいこと

赤ら顔のスキンケア方法で取り入れたいこと

基本的な赤ら顔スキンケア法をおさえたら、さらに攻めのスキンケアを取り入れてみましょう。

ここでは、赤ら顔のタイプ別にスキンケア方法で取り入れたいことを紹介します。

血管の影響と皮膚の薄さ(毛細血管が透ける)

赤ら顔 血管の影響と皮膚の薄さ(毛細血管が透ける)

ニキビなど何か症状が出ているわけではなく、肌質的に赤ら顔になりやすい人はバリア機能を高めるケアを取り入れてみてください。

皮膚にはいくつかバリア機能があり、代表的なものが肌表面この2つ。

・皮脂膜(皮脂と汗でできている天然の保湿クリームみたいなもの)
・細胞間脂質(セラミドなど細胞の隙間を埋めて水分の蒸散を抑えるもの)

またそのほかにも肌の奥で細胞同士が結合する働きやランゲルハンス細胞と呼ばれる免疫細胞もあります。

そこで、セラミド配合の高保湿タイプのクリームなどで保湿してあげると良いでしょう。

ニキビ

赤ら顔 ニキビ

ニキビで赤ら顔になっている場合、まだ炎症が落ち着いていないので、ニキビ用の化粧品や医薬品で早めに治しましょう。

あまりにも症状が長引いたり、繰り返しできる場合は皮膚科の受診がおすすめです。

ニキビは

・食生活の偏り(ビタミンB2、B6の欠乏や油分の摂りすぎなど)
・食物繊維不足による便秘
・ホルモンバランスの乱れ
・ストレス
・睡眠不足
・古い角質で毛穴をふさいでいる

などの原因が考えられます。

炎症があるうちは先ほど紹介した肌に刺激を与えないケアが基本ですが、赤みが治ったら定期的なピーリングで古い角質を落とすケアもおすすめです。

ピーリングの前に蒸しタオルで顔を温めると古い角質が自然に剥がれやすくなるので、ぜひ試してみてください。

酒さ・脂漏性皮膚炎

赤ら顔 酒さ・脂漏性皮膚炎

基本は、先ほどお伝えした、肌に負担の少ないケアが大切ですが、皮膚科に通って医薬品で治療することをおすすめします。

ほてり

赤ら顔 ほてり

ほてりの場合は、洗顔料を水かぬるま湯で流した後に、さらに冷たい水ですすいでからスキンケアに移るとほてりがおさえられ、汗でスキンケアが邪魔されるのを抑えてくれます。

日中も気になるときは小さい保冷剤をスカーフに巻いて首を冷やすのも効果的です。

赤ら顔のケアで気を付けなくてはいけないことは?

赤ら顔のケアで気を付けなくてはいけないこと

上の項目で赤ら顔向けのスキンケア方法やスキンケアに取り入れたいことを紹介しましたが、「肌に優しい化粧品」を使っていても肌に合わない場合は使用をストップしてください。

また、購入前に化粧品成分を確認して、アレルギーがあるものやこれまで肌に合わなかったことがある成分が入っているものはなるべく避けて使いましょう。

ピーリングもやりすぎないように、週に1回か2回ほどにし、連日続けて行わないようにするのが無難です。

赤ら顔のスキンケア商品どんなものを選ぶのがいい?

赤ら顔のスキンケア商品どんなものを選ぶのがいい

大手化粧品ブランドでも赤ら顔ラインが揃っていなく、敏感肌用化粧品としてまとめられている場合も多いです。

店頭で購入する場合は可能な限り、一度サンプルを試して肌に合うか確認してから購入することをおすすめします。

最近は「赤ら顔」向け化粧品も登場しているので、今まで普通の敏感肌用化粧品を使ってもなかなか肌に合わなかった、赤ら顔が改善しなかったという方は、「赤ら顔」用と謳ってあるものを選ぶのもありだと思います。

ただ、中には通販限定のものもあるので、肌に合わなかったら返品できるのかなど確認してから購入することをおすすめします。

赤ら顔のスキンケア化粧品おすすめ4選

赤ら顔のスキンケア化粧品おすすめ4選

すでに肌に合ったもの、赤ら顔への改善が見られているものを見つけている人はその化粧品が使えますが、まだ自分にあった赤ら顔ケア用のアイテムに出会えてない人は、こちらの商品も参考にされてみてください。

今、話題の商品をピックアップして掲載しています。

ピオリナ

  • 1,980円(定期初回)

赤ら顔対策に効果的な「ブクリョク」や血液環境を正常に戻す「オタネニンジン根エキス」などの漢方のエキスを配合し、赤ら顔の根本原因から改善をめざす赤ら顔専用化粧水。

詳細
容量: 100ml
成分: 水、BG、グリセリン、メチルグルセス-20、ベタイン、アラントイン、グリコシルトレハロース、パルミチン酸アスコルビン酸、加水分解ヒアルロン酸アルキル、グリセリル、オタネニンジン根エキス、ブクリョウエキス、マグワ根皮エキス、グリチルリチン酸2Kなど

ビタKレッドXトナー

  • 3,290円(定期)

血液の流れをスムーズにする「ビタミンK」や赤みをケアしてくれる「ナギイカダ根エキス」などのエキスを配合している、韓国生まれのドクターズコスメ。

詳細
容量: 150ml
成分: 水、BG、メチルプロパンジオール、グリセリン、海水、ブロッコリーエキス、1,2- ヘキサンジオール、ポリグルタミン酸、アラントイン、グリチルリチン酸2K、ナギイ カダ根エキス、水添レシチン、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ジイソス テアリン酸ポリグリセリル-10、メナジオン、ツボクサエキス、イタドリ根エキス、 オウゴン根エキス、チャ葉エキス、カンゾウ根エキス、カミツレ花エキス、ローズマ リーエキス、セイヨウヤブイチゴ果実エキスなど

オイズPGジェル

  • 1,899円(税込・特別価格)

肌のバリア機能を高める5つの発酵菌に着目し、さらに赤みをケアしてくれる美容ハーブエキスを配合している、オールインワンジェル。

詳細
容量: 50g
成分: 水、BG、グリセリン、ブドウ酒、コメヌカ ・ダイズペプチド発酵物パチルス(コメヌカエキス/ダイズエキス)発酵液、バントエア、米ぬか発酵エキス液、アスペルギルス、クリ渋川発酵エキス、乳酸桿菌/乳発酵液、ヒアルロン酸Na、オウゴンエキス、オウバクエキス、バリエタリアエキス、セイヨウニワトコエキス、セイヨウキズタエキス、キュウリエキス、アルニカエキス、グルコース、カルボマーなど

リプロスキン

  • 2,240円(定期初回)

ニキビ後ケアに必要な肌の柔軟性に着目しナノBテクノロジー3.0を採用。さらに赤みに必要な保湿成分はもちろん、炎症を抑えるグリチルリチン酸ジカリウムも配合している化粧水。

詳細
容量: 100ml
成分: 有効成分:グリチルリチン酸2K、水溶性プラセンタエキス
その他の成分:加水分解コラーゲン末、ヒアルロン酸Na-2、加水分解ヒアルロン酸、アロエエキス-2、ゼニアオイエキス、海藻エキス-1、大豆エキス、ワルテリアインディカ葉エキス、デキストリン、酵母エキス-4、米ヌカスフィンゴ糖脂質、D-マンニット、濃グリセリンなど・・・

みんなはどうしてる?赤ら顔のスキンケア

みんなはどうしてる?赤ら顔のスキンケア

S.K/26歳
肌質:乾燥肌、アトピー肌、敏感肌
肌断食が肌トラには効く!
一回炭酸パックをして顔全体にわあっと湿疹と赤みとヒリヒリと痒みが出たことがあるんですけど、化粧品メーカーに問い合わせたら一旦スキンケアを何もつけないでと言われやってみたら、4日〜1週間でだいぶ改善しましたよ。
病院に行かなくても自力で治すことができるんだと思いました。
A.F/30歳
肌質:乾燥肌
気温差や運動した後に顔が赤くなる
寒暖差があったり、ランニングなどの有酸素運動やヨガが好きで良くやるんですけど、血行促進効果でやっぱり赤ら顔になります。
それでも、肉や卵、乳製品をあまり摂らないようになって、添加物が入った加工食品を食べないように気をつけたら、肌のヒリヒリや湿疹もおさまりました
お通じもほとんど毎食後、1日3回スッキリできるので体の内側のデトックスもおすすめです。
W.K/43歳
肌質:混合肌、敏感肌
自分にあった化粧品を見つけるのが一番
今まで赤ら顔を治したいと思って美顔器とかプラセンタを飲んだりとか温泉に行ったり色々やってきましたが、皮膚が薄いのは生まれつきなので、赤ら顔に対処するよりも、化粧品が肌にしみないとかトラブルが出ないのが一番という考えに至りました。

まとめ

今回は赤ら顔のスキンケア法について取り上げました。

少しでも参考になれば嬉しいです。

また、赤ら顔のメイクアップ法については別の記事で詳しく紹介しているのでそちらもよかったら参考にしてください。

 - フェイスケア, 赤ら顔 , , , , , , , , , , ,